「Adams 2017.2」リリース開始

2017年7月25日
エムエスシーソフトウェア株式会社
 
エムエスシーソフトウェア株式会社は、「Adams 2017.2」のリリースを開始しました。
高い精度とロバスト性を誇る汎用機構解析ソフトウエア「Adams」の最新リリースでは、Adams SolverとAdams Carの使いやすさとパフォーマンスが向上し、Adams Real Time機能がさらに拡張されています。
このリリースでの新機能および強化された機能は、以下のとおりです。
 
■Adams並列ソルバーのパフォーマンス向上
Adams Solve SMPで複数のスレッドを実行する場合、シミュレーション速度が最大30%向上
 
■Adams Carモデル管理
 Adams 2017.2では、複数のモデル構成を1つのアセンブリに保存できるため、異なるサブシステム設定でアセンブリモデルの管理が従来より格段に容易になります。
 
■Adams Carモデル簡素化ユーティリティ
忠実度の高いコンポーネントモデルは、解析時間の面でコストがかかり、ハードウェア・イン・ザ・ループのリアルタイムシミュレーションを実行する際に特に注意が必要です。Adams   2017.2では、タイヤとアンチロールバーのモデリング忠実度を低減するための自動化されたユーティリティが導入されました。多くのケースで、フルビークルシミュレーションにかかる時間を90%節約し、正確な結果を得ることができます。この機能によりAdams Real Timeのユーザーは、より多様な車両分析を行うことができます。
 
■空力フォースと横風イベント
Adams 2017.2では、新しい空力フォースのオブジェクトによって、ボディ上の1つまたは2つの点における空力フォースを簡単にモデル化することができるようになりました。この空力フォースでより精度の高い挙動を予測することが可能となります。新しい横風イベントでは、この空力フォースを使用し、さまざまな車両モデルに対して空力フォースによる影響を解析することができるようになりました。
 
■新しいAdams Carの車両イベント
Adams Carには、いくつかの新しい標準イベントが導入されました。
・Fishhook(フィッシュフック)
・J Turn(Jターン)
・Parking Effort(すえ切り)
・Hands Free(手放し)
・On Center(オンセンター)
・Double Lane Change(ダブルレーンチェンジ)
・Cross Wind(横風および新しい空力モデル)
・Throttle on in Turn(ターン時のスロットル)
・Swept Steering(スウェプトステアリング)
・Brake Drift(ブレーキドリフト)
・Grist Mill(グリストミル)
 
これらのイベントによりユーザーはカスタマイズを行わずに多様な車両解析の実行ができます。
以上
■この件に関するお問い合わせ
エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部  秋元
TEL: 03-6911-1218 / E-mail: mscj.market@mscsoftware.com