「Marc 2018.1」リリース開始

Horizontal spacer

2018年11月6日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「Marc 2018.1」のリリースを開始しました。

 

Marc 2018からの主な変更点は、以下の通りです。

・MSC Cosimアダプターの実装

・既知の問題の修正

・細かな機能追加は、以下のとおりです。

 

■MSC Cosimアダプターの拡張

MSC Cosimと接続することにより、構造-流体(Marc - scFLOW)、熱-流体(Marc - scFLOW)、構造-機構(Marc - Adams)のコシミュレーションが実行できます。

Mentatでは、これらコシミュレーションに必要なMarcのモデル定義を簡単に設定することができます。

 

既知の問題の修正

Marc 2018.1では既知の問題を数多く修正しています。詳細については、付属のリリースガイドの2018.1で修正された不具合一覧をご覧下さい。

 

その他の機能追加

・局所座標系のプロット

・ポスト処理の処理能力の向上。特に履歴プロットデータ収集速度の向上

・移動メニューの簡素化。(形状とメッシュ=>移動)

・差分進化法による材料フィッティングでの予測変形モード(実験データのない変形モード)の表示

・Mentatでのユーザーサブルーチンmd_hypela2.Fのサポート

 

Marc 2018.1は以下のプラットフォームをサポートします。

・Windows 7 64ビットおよびWindows 10 64ビット

・Linux Red Hat 6.7/7.1/7.3 64ビット

・SuSE 11 SP4およびSuSE 12 SP1

 

ユーザーサブルーチンのコンパイラーなどに関しては、付属のリリースガイドをご覧下さい。

 

■この件に関するお問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部 秋元

TEL: 03-6911-1218 / E-mail: mscj.market@mscsoftware.com