MSC、複雑なアセンブリレイアウトのモデリングと検証を10倍高速化 「MSC Apex Eagle」をリリース

Horizontal spacer

2016年2月10日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社 (代表取締役社長:加藤 毅彦、本社:東京都新宿区)は、本日、数々の賞を受賞した次世代CAEプラットフォーム「MSC Apex」の最新リリースを発表しました。「MSC Apex Eagle」リリースには、以下が含まれます。

  • MSC Apex Modeler 第五世代リリース– CADクリーンアップ、簡略化、メッシングワークフローを効率化する、CAEのためのダイレクトモデリングとメッシングソリューションです。
  • MSC Apex Structures 第三世代リリース– MSC Apex Modelerへのアドオンプロダクトで、MSC Apexに完全統合したジェネラティブな構造解析ソリューションを強化しました。

 

MSC Apexの最新リリースEagleは、新しくパーツ表現、結合タイプの機能を強化し、モデリングと複雑なアセンブリを評価する革新的なソリューションを提供します。この新機能は、部品形状やアセンブリのレイアウト変更時のシミュレーション結果を自動再構築するMSC Apexのジェネラティブなフレームワークに完全に統合されています。

 

従来のシェル要素(2D)、四面体、六面体メッシング(3D)に加え、新しくビーム要素(1D)、質量要素をサポートしています。また、従来はメッシュに依存しない接着でしたが、新しい結合タイプには、剛体リンク、バネ、メッシュ依存のタイ結合が含まれます。Eagleにより、ユーザーは複数のパーツで構成されたアセンブリや車体全体のアセンブリをコンピュータ上でより迅速に詳細に組み上げることができます。例として、自動車の車体フレーム、航空機の胴体と主翼の接着部分の構造、造船における溶接アセンブリの構造、重工業および設備機器企業などの巨大な接着アセンブリなどが挙げられます。

 

Eagleの全ての新しい機能は、ダイレクトに操作できて使い易いというMSC Apexの原則に忠実に基づいています。そして剛体リンク、バネ、質量要素は、それらが定義された領域に自動的に分散して結合します。このように、有限要素というよりはエンジニアリング的に抽象化された形状としてユーザーに示され、アセンブリモデリングの生産性と使い易さを加速します。さらに、新しい接着条件はすべてApexのジェネラティブなフレームワークに含まれ、パーツの修正や関連する空間ポジション変更時の再構築を行います。

 

MSC ApexのシニアプロダクトマネージャーHugues Jeancolasは次のように述べています。「Eagleのベータテストを行ったユーザーからは生産性が10倍加速したとコメントをいただきました。パーツや属性だけでなくアセンブリレイアウトまで、漸進的な設計変更を関連する依存性の中で捉えることができ、ユーザーが自動的にモデルの再構築を行い、クリックするだけでシミュレーション結果の可視化を行い、設計の初期段階で様々な設計の選択肢を迅速に繰り返し柔軟に検討する環境を提供します」

 

MSC Softwareについて

MSC Software Corporationは複合領域シミュレーションソリューションのグローバルなリーディングカンパニーとして製品の設計やテストにおける品質向上時間短縮コスト削減を支援するソフトウェアおよびサービスを提供しています。MSC Softwareはシミュレーション技術ソフトウェアならびにサービスにより短期間でより優れた製品を開発できるよう世界中の何千社もの企業と協業しています。

MSC Softwareは米カリフォルニア州ニューポートビーチを本社とし、世界20カ国に支社・支店を展開しています。1982年2月に日本法人を設立し、本社の他大阪・名古屋に営業拠点があります。従業員数は世界で約1,200名です。

ホームページ:http://www.mscsoftware.com/ja

 

■報道関係者お問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社    マーケティング部 秋元

TEL: 03-6911-1218    E-mail: mscj.market@mscsoftware.com