「VIRES Virtual Test Drive」、「R&D 100 Award」ファイナリストに選出

2017年8月31日
エムエスシーソフトウェア株式会社
【米国カリフォルニア州ニューポートビーチ2017年8月14日発】
MSC Software Corporationは本日、ADASおよび自動運転システムの開発において重要な公道走行試験シミュレーションを行うソフトウェア「VIRES Virtual Test Drive」がR&D 100 Awardのファイナリストに選出されたことを発表しました。これは自動車業界が”レベル5”の自動運転を実現するという目標を達成するための信頼できる革新的なエンジニアリングシミュレーションソフトウェアツール開発に対するMSCの取り組みが高く評価されたものです。
 
R&D 100 Awardは、過去1年間に実用化された最も技術的に優れた製品を100件選出するものです。ファイナリストは70名以上の審査員による独立した委員会により選出されます。本年のファイナリストには、多くの業界のリーダーや国立研究所だけでなく、多くの新しい顔ぶれが選ばれました。R&D 100 Awardは"技術革新のアカデミー賞"として広く認識されています。
 
MSC Software Corporationのグループ企業であるVIRES Simulationstechnologie社のマネージング・ディレクター、Marius Dupuisは、次のように述べています。「高性能な車両シミュレーションと自動運転試験における膨大なチャレンジに20年間フォーカスしてきた我々の取り組みが、この度の最高の評価という結果につながったと考えています。」
 
MSC Software Corporationの社長兼CEOであるDominic Gallelloは次のように述べています。「我々は、信頼できる完全な自動運転車の実証実験のまさに端緒についたばかりで、完全な自動運転車レベルの安全性に到達するまでには現在よりはるかに多くのテストとシミュレーションが行われるでしょう。自動車業界におけるこの自動運転への潮流にVIRESが貢献させていただいていることを誇りに思います。
 
*記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
以上
■R&D 100 Awardについて
R&D 100 Award は、1963年から毎年、新しく実用化された革新的な技術開発に対して贈られる「技術革新のアカデミー賞」と言われる権威ある賞です。過去の受賞は、精密な検査機器、革新的な新素材、化学分野の進歩、バイオメディカル製品、消費財および高エネルギー物理、学術、公的研究機関などの領域に及んでいます。
 
■MSC Softwareについて
MSC Software Corporationは、複合領域シミュレーションソリューションのグローバルなリーディングカンパニーとして、製品の設計やテストにおける品質向上、時間短縮、コスト削減を支援するソフトウェアおよびサービスを提供しています。MSC Softwareは、シミュレーション技術、ソフトウェア、ならびにサービスにより、短期間でより優れた製品を開発できるよう、世界中の何千社もの企業と協業しています。
MSC Softwareは、米カリフォルニア州ニューポートビーチを本社とし、世界22カ国に支社・支店を展開しています。1982年2月に日本法人を設立し、東京本社の他、大阪、名古屋に営業拠点があります。従業員数は世界で約1,300名です。
 
■報道関係者お問い合わせ
エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部  秋元
TEL: 03-6911-1218 / E-mail: mscj.market@mscsoftware.com