MaterialCenter

材料のライフサイクル管理
完全なトレーサビリティで材料モデル、データ、プロセスを管理

MSC SoftwareのMaterialCenterは、材料の専門家を機械シミュレーションに結び付けるために全く新しく開発された、材料ライフサイクル管理システムです。MaterialCenterはプロセスとデータの管理システムであり、統合されたプロセスから自動的にデータを取得して、全社にわたる、また製品のライフサイクルを通じた完全なトレーサビリティを実現します。MSC Software Corporationによる製品スイートに追加された最新システムであり、製品のイノベーション(プラスチック、複合材料など)を推し進めるうえで指数級数的に急増する複雑な材料がもたらす独自の要件に対処します。MaterialCenterはMSC Nastran、MSC Fatigue、MarcといったMSCの主力製品や、新しく買収したe-Xstream Digimatなどを含む多くの商用CAE製品と直接連携します。

MaterialCenterが今日の企業に最適な理由

全世界の大手OEMにおける集合的経験を受けて、MaterialCenterでは物理的なテストデータの入力から還元、マルチスケールの材料モデリング、承認ワークフロー、シミュレーションに対応した解析対象データのエクスポートなど、材料に関係する活動をすべて1点から管理できます。これによって、エンジニアがトレース可能な統合プロセスから承認済みの材料のみを利用していることが保証されます。その結果、シミュレーションの精度が向上し、データ損失が少なくなります。手作業による煩わしいデータ管理処理も不要になり、エンジニアは新しい革新的な製品の開発に専念できるのです。100,000件のプロセスとペタバイト級のデータで実証されたスケーラビリティにより、MaterialCenterは今後何年間も、材料エンジニアとシミュレーションエンジニア双方のニーズを満たします。

Materialsを使用してエンジニアリングのイノベーションを推進 - 企業側のメリット

  • ダッシュボードで、材料データ管理プロジェクトと管理の過失を迅速に評価できる。
  • 作業要求と承認ワークフローによりプロジェクトを追跡し続けられる。
  • 材料関係のすべてのプロセス、入力および出力が監査証跡によって文書化される。
  • プロセス指向でデータを管理する自動化アプローチを実装し、手作業によるデータ入力業務が最小化される。
  • ロバストで直感的なインターフェースで、表形式、グラフ、画像などすべてのデータ形式に対してデータの検索、取り出し、比較が可能。
  • データを管理するWebベースのインターフェースで、分散データの作成と管理が可能。
  • 組み込みのジョブキューインターフェースが、材料シミュレーションプロセスの実行を最適化。