Simufact

金属加工業界向け生産プロセスシミュレーション

Simufactは、金属加工、溶接および熱処理プロセスに特化した、有限要素法ベースのリーディングシミュレーションソリューションです。ブランキング、ワイヤーやビレットのせん断加工から始まり、多段成形、パンチング、トリミング及び熱処理、更に、接合、溶接、構造解析に至る、プロセスチェーン全体をシミュレーションすることにより、Simufactは生産工程の最適化、時間とコストの削減、品質向上に役立ちます。

Simufactでは次の2つのソリューションを提供します。


Simufact Forming 金属加工テクノロジーの全ての領域をカバーしており、工具及びパーツを実物通りに表現することにより、プロセスを現実的に描写することが可能となっております。以下に記載された、プロセスに大きな影響を与える要件を取り込むことにより、精度の高いシミュレーションを可能にします。:

  • 加工装置のメカニズム
  • 塑性、速度依存性、温度の影響を含むワークピースの非線形材料挙動
  • 工具と加工パーツ間の摩擦と接触
  • 折れの予測のための加工パーツの自己接触
  • プロセスの熱力学: 初期温度、加工エネルギーや摩擦による温度上昇、工具-ワークピース-雰囲気(大気)間の熱伝導

複数のモジュールがユーザーの問題解決のために用意されています。 コアモジュールであるForming Hubには、冷間成形や熱間鍛造シミュレーション機能とともに、シミュレーションソフトウェア(GUI、ソルバー、材料データベースなど)を簡単に操作できる主要な機能が装備されています。ユーザーは、以下のオプション機能を選択することにより、シミュレーション能力を強化することができます。

  • シートメタルフォーミング
  • 圧延
  • リング圧延
  • 自由鍛造
  • 熱処理
  • メカニカル接合

金型応力解析、微細組織の計算、パフォーマンス高速化、CADインポート、カスタマイゼーション、および材料データベースへのアクセスなどのオプションモジュールも提供しています。

Simufact Weldingは、複数の溶接シーケンスや部品の変形予測、溶接中に発生する相変態など、複雑な溶接プロセスのシミュレーションをサポートします。 Simufact Weldingは、溶接部の特性や高温割れなどの溶接欠陥について洞察を得ることができ、実際の生産工程に入る前に問題点を特定することができます。

また、Simufact WeldingとSimufatc Forming間のデータ転送が容易なため、加工の履歴を考慮できるだけでなく、例えば、溶接シミュレーションの後に溶接部の強度解析を行うことなども可能です。

To learn more about Simufact product line, you can visit Simufact web site.

For general and product specific platform support, please visit our Platform Support page.