SimXpert

完全に統合された複合領域シミュレーションソリューション
SimXpertというたった一つのシミュレーションプラットフォームを使用することで、あらゆる段階のシミュレーションプロセスを実現することができます。

SimXpertは、製品のシミュレーションに対応した統合CAE環境です。シミュレーションの速度と精度が上がり、設計の生産性が向上して、優れた製品を更に短期間で市場に投入できます。それを実現するためにSimXpertは、複合領域の解析機能、最適なシミュレーション手法、高度なカスタマイズ性をすべて1つのエンジニアリング環境に統合しました。SimXpertの統合エンジニアリング環境を利用すれば、エンジニアリングワークフローにおいて解析と設計に要するツールの数が減り、クリティカルな情報の相互共有も万全になります。

「SimXpertは、『ブラックアート』的だったかつての鋸の設計をシミュレーション主導の科学に変えました。MSCのソフトウェアは、進化したStarrett Vesatix MP帯鋸歯など、革新的な製品の開発と提供を可能にしています」
- L.S. Starrett Jedburgh UK鋸部門
テクニカルマネージャ、Andrew Lee氏
Structures Workspace


Motion Workspace

Thermal Workspace

Crash Workspace
 

SimXpertは、解析専門家に対し、シミュレーションプロセスの全ての段階を実現するためのプラットフォームを提供します。1つのシミュレーション環境において、プリ処理からモデリング、求解からポスト処理、結果操作と報告(レポート)を行うことができます。SimXpert環境には、データモデルと結果を共有しながら、解析者が1つの専門領域から別の領域へと簡単に移動することを可能にするワークスペースを搭載しています。

統合されたシミュレーション環境によって以下が可能です。

  • 複雑な仮想プロトタイプの作成
  • 要求の厳しい仮想テストの実施
  • 大量の結果の評価
  • 整理されたレポートの作成

利用可能なワークスペースは以下のとおりです。

ストラクチャワークスペース
  • 包括的な線形および非線形有限要素解析の実行
  • 応力、熱、振動、接触問題に対する高度なFEAテストに対応
モーションワークスペース
  • システムの相互作用から生じる作用荷重の予測
  • 完全な機械システムにて異なる構成要素、接続、および力の挙動を解析するために、マルチボディダイナミクスの使用
サーマルワークスペース
  • 定常熱伝導解析、自由/強制伝導、および熱-機械連成解析を使用して、熱性能の検討
エクスプリシット/クラッシュワークスペース
  • ファンブレードアウトや動脈でのステント配置など、構造衝撃および流体-構造連成問題の両方に対する大変形、高非線形、短時間の過渡動解析の実行
  • SimXpertの多数のツールを使用することにより、安全性と耐衝撃性の確保
  • ダミーポジショニング、シートベルトルーティング、エアバッグの展開、および陽的衝撃解析を含むSimXpert独自の機能で、シミュレーションを拡張

システム/コントロールワークスペース

  • 電気、熱、水力、ガスダイナミクス、およびその他多数のアプリケーションに対するコントロールシステムのシミュレーション
SimXpert Template Builder


CAE automation with template
 

Simxpertのテンプレートビルダによって、以下が可能になります。

  • 解析のための作業や、荷重・材料・特性などの定義作業の数を削減することによって、CAEプロセスの自動化
  • 高度にカスタマイズ可能なテンプレートを利用した解析の拡大
 
  • 有限要素モデリングのために、IGES、Parasolid、CATIA V4、CATIA V5、Pro/ENGINEER、ACIS、STEP、およびSTLデータのインポート
Motion structure integration: stresses in a lower control arm


Engine block structural thermal analysis
 

エンジニアは、構成要素から複雑なシステムまで、統合された複合領域解析を仮想プロトタイプ上で行うことができます。これにより、工学専門領域間の複雑な相互作用を含む、現実世界の荷重および環境条件下での製品挙動のシミュレーションが可能になり、複数のポイントテクノロジの展開またはコストのかかる物理的なプロトタイプに依存するといった非効率性が取り除かれます。