MSC、金属積層造形プロセスシミュレーションソフトウェアの最新版「Simufact Additive 2」リリース開始

2017年6月20日
エムエスシーソフトウェア株式会社
 
エムエスシーソフトウェア株式会社 (代表取締役社長:加藤 毅彦、本社:東京都新宿区)は、本日、金属積層造形プロセスシミュレーションソフトウェアの最新版「Simufact Additive 2」のリリースを開始したと発表しました。
 
主な新機能は次の通りです。
■試験片を使ったキャリブレーションの改良 - 高速最適化アルゴリズムを用いた固有ひずみ法による検証を行い、変形部品の正確な予測を可能にします。材料、機械、スキャニングパターンの特定の組み合わせを表す固有のひずみ値により、複雑な積層造形部品における信頼性の高いシミュレーションを実現します。
 
■造形空間における個々の部品の位置決め – 最新リリースでは、ベースプレート上の部品の最も効率的な位置決めを行う特別な機能が搭載され、ビルドアップの向きを最適化するために直感的なパーツの配置をトライアルできます。
 
■異方性材料の対応 – サポート構造の剛性をより現実的に表現できます。適切なメッシングで計算時間の高速化に加え、信頼性の高い結果を提供します。
 
■金属積層造形プロセスチェーンの最適化 – 積層造形、熱処理、サポートの切断/除去、HIPを含むプロセス全体を効果的に最適化することができます。最新リリースでは、プロセスチェーンのどの段階でもシミュレーションプロセスを停止して再開できるようになりました。各プロセスステップは、前工程の結果に基づいて個別に最適な工程設計をすることができます。
 
■熱間等方圧(HIP)プロセスのシミュレーション – 部品の密度分布を計算します。このプロセスにより、密度が上昇し、製品寿命の延長に貢献します。
 
*記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
以上
MSC Softwareについて
MSC Software Corporationは複合領域シミュレーションソリューションのグローバルなリーディングカンパニーとして製品の設計やテストにおける品質向上時間短縮コスト削減を支援するソフトウェアおよびサービスを提供しています。MSC Softwareはシミュレーション技術ソフトウェアならびにサービスにより短期間でより優れた製品を開発できるよう世界中の何千社もの企業と協業しています。
MSC Softwareは米カリフォルニア州ニューポートビーチを本社とし、世界22カ国に支社・支店を展開しています。1982年2月に日本法人を設立し、東京本社の他大阪・名古屋に営業拠点があります。従業員数は世界で約1,300名です。
ホームページ:http://www.mscsoftware.com/ja 
 
■報道関係者お問い合わせ
エムエスシーソフトウェア株式会社    マーケティング部  秋元
TEL: 03-6911-1218    E-mail: mscj.market@mscsoftware.com