ホワイトペーパー:CFDをKATANAの精神でさらなる高みへ

日本から最先端の数値流体力学を解き放つ

Horizontal spacer

商用のコンピュータ支援エンジニアリング(CAE)業界は、50年近くの歳月を経てかなり成熟していますが、克服すべき最大の課題の一つは、複雑な産業用アプリケーション、特に流体の流れや関連する輸送現象に必要なマルチフィジックスシミュレーションを解決することです。CFDもまた、メインフレームコンピュータ上で実行される単純なモデルから、CAD、PLM、クラウドの進化に合わせて、この40年間で大きく進化してきました。ソフトウェア・クレイドルは、1984年に市場に登場した最初の商用CFDベンダーの1つであり、日本から生まれた唯一の企業です。

本e-bookでは、CFDの歴史を改めて振り返った上で、サムライの刀の哲学をバックボーンとして開発されたCradle CFD製品の4つの特色-高精度、高速、使いやすさ、マルチフィジックス志向-を、豊富な事例とともにご紹介します。

 

目次

  • CFDの歴史
  • 日本の産業の歴史と総合的品質重視の生産理念
  • KATANAと加速するCFDシミュレーション技術
  • CFDに応用するKATANAの四原則
  • KATANA:高精度なCFD
  • KATANA:高速なCFD
  • KATANA:エンジニアが使いやすいCFD
  • KATANA:マルチフィジックス減少に主眼を置いたCFD
  • 設計開発段階のCFDシミュレーションでスマートマニュファクチャリングを実現
  • まとめ