包装

MSC社の先進的な解析ソリューションにより製品性能を犠牲にせずに材料を節約
Horizontal spacer

包装業界は、包装強度を高めながら材料消費量を削減し、製品の梱包および搬送性能を高め、コストを抑えながら設計サイクルを加速させ、さらにすべての製造品の環境持続可能性を向上させるという課題に直面しています。これらの課題に対処し、競争力を高めるために、成功を収める包装企業では、重要な戦略的イニシアチブとして仮想プロトタイプに関心が集まっています。

MSC Software社は、包装エンジニアが包括的な仮想試験を素早く正確に実施して、包装の設計および梱包・搬送プロセスを最適化し、さらに輸送および収納をシミュレートすることのできるモデリング・解析ソフトウェアおよびサービスを提供しています。ツールの展開および手法の自動化に関する経験を積んだMSC社技術担当者が、お客様を成功へと導き、短期間で投資収益を達成します。

「MSC Software社のシミュレーション技術により、野心的な設計プロジェクトを追求し、完全な仮想環境で新しい包装を設計できるようになりました。仮想プロトタイプで性能や製造可能性を検証して新しいアイデアを素早く開発・修正できるため、これまで物理プロトタイプにかかっていた時間とコストを大幅に節約することができました」
- Impress Group社
戦略的開発部門副社長、Richard Moore氏
MSC Software製プロダクトは、様々なシミュレーションに使用されています。
  • 設計最適化
  • 耐久性および疲労
  • 落下試験
  • 非線形および接触のモデリング
  • 構造解析
  • 複合材モデリング
  • 熱性能
  • 密封性
エンジニアは、次の用途にMSC Software製プロダクトを利用しています。
  • 天井荷重- 空および梱包済み
  • キャッピング
  • 複合材モデリングおよび破壊解析
  • 製品の落下試験
  • 圧力および真空荷重
  • 振動荷重
  • 温度サイクル
  • 側面荷重、圧迫
  • 梱包
  • 搬送
  • 製造、熱成形
  • 重量最適化