More in Less Time

Accelerating your Structural Dynamic Analysis

Horizontal spacer

もし、少ない時間で多くの仕事ができるようになったら…

  • より多くのデザインサイクルを回して、成功への確信を強固なものにする
  • モデル規模を大きくすることで、精度の限界に挑戦する
  • 甲高いノイズに対応して、解析周波数範囲を広げ、より現実に近いシミュレーションを行う

e-Mobility革命は、高周波ノイズや広帯域ノイズへの対応が求められる自動車のNVHおよび音響に新たな課題をもたらしました。自動車の設計サイクルの早い段階で騒音レベルの低減を行うことは、数千万から数億の自由度を持つ方程式系を用いた、非常に大規模なエンジニアリングシミュレーションにつながります。

数十年前と同じように、線形代数はMSC NastranとそのNVH(Noise Vibration and Harshness)のための高性能コンピューティングソリューションの中核をなしています。比較的最近になって開発されたのが、MSC Nastranに不可欠な自動コンポーネントモード合成(ACMS)ソルバーです。

長年にわたり、ランチョス法のような固有値抽出アプローチは、中程度の大きさの有限要素システムの低周波数ダイナミクス問題に対処するための市販ツールに使用されてきました。しかし、ACMSのようなマルチレベルのサブストラクチャリング技術の導入により、エンジニアは中周波のダイナミックレンジに対応できるようになり、大規模なシステムモデルで1万以上のモードを効果的に抽出し、並列処理を使用してパフォーマンスを向上させることができるようになりました。さらに、当社の構造-音響マルチフィジックスソリューションは、離散的な統計的エネルギー解析(SEA)手法を採用しており、これを有限要素モデリングと組み合わせることで、高周波成分とブロードバンドノイズの両方に対応しています。

MSC Nastranのパフォーマンスは、エンジニアがより多くのことをより短時間で行うことを可能にします。NVHやパワートレインのアプリケーションに見られるような振動音響のHPCベンチマークタイムをダウンロードして、動的解析の効果を最大限に引き出しているかどうかを確認してください。