「FEV社Virtual Dynamics 2020」リリース

Horizontal spacer

2020年7月7日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「FEV社Virtual Dynamics 2020」をリリースしました。

機構解析ソフトウエア「Adams」のパワートレイン向けプラグイン「FEV社 Virtual Dynamics 2020」で

強化された機能は、以下のとおりです。

 

 ・NVH Sensors

    - ノードIDリストに基づいて、指定した参照マーカーに対する変位・速度・加速度などリクエストを自動的に作成できます。

 

 ・Gear root stress

  - AGMA (American Gear Manufacturers Association) に基づき、動的負荷条件下における歯元応力の時刻歴変化を出力できます。

 

 ・Geartrain Wizard includes bevel gears

    - Geartrain Wizardでかさ歯車とハイポイドギアをサポートしました。

 

 ・REXS support for Geartrain models

    - Geartrain WizardでREXSファイルをサポートしました。

 

  ・Lubricant Oil Model for bevel gears

  - 歯車接触における油膜モデルが General Gear Contact にも適用されました。

 

 ・New output requests on gear teeth

  - 歯車の接触力に関する詳細な出力が可能になりました。

 

 ・Valve Lift Optimizer enhancements

  - Valve Lift Optimizerのプロセスが機能拡張され、より直感的に使用できるようになりました。

 

 ・Help updates

    - ヘルプドキュメントを刷新しました。Chromeブラウザによる閲覧も可能になりました。

 

*記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

以上

■お問い合わせ

  エムエスシーソフトウェア(株)マーケティング部

  E-mail:mscj.market@mscsoftware.com