九州大学 船舶海洋工学科「MSC Apex」を講義に導入~3Dモデリング機能により船舶解析モデリングの作成時間を大幅に短縮~

Horizontal spacer

2022年8月31日

Hexagon

Manufacturing Intelligence division

 

HexagonのManufacturing Intelligence division(東京都千代田区、代表取締役社長:今野ソックス真生、以下Hexagon)は、世界で最も使いやすい CAE 環境を提供する「MSC Apex」が、九州大学工学部船舶海洋工学科で実施されている講義「構造解析演習」および大学院工学府で実施されている異分野科目「船舶海洋工学B」の解析実習において、学生が使いやすく、自分自身で設計検討ができる実習ツールとして採用されたと発表しました。

九州大学 海洋システム工学部門(船舶海洋工学科の教員組織)では、船舶や大型海洋構造物・海洋機器など多くの構成要素からなる複雑かつ大規模なシステムの計画・設計を研究対象としています。また、学生は流体・構造・材料などの工学知識を講義・演習・実験・工場実習等を通して幅広く学びます。

学部生向けの講義「構造解析演習」では、材料力学・構造力学・振動工学の実問題を解く手法として、実務でも利用されている手法である有限要素法(FEM)について講義し、実践的な例題解析を通して理解を深めるとともに、数値シミュレーションの基礎を身につけます。また、大学院で実施されている異分野科目「船舶海洋工学B」では、船舶海洋工学以外を専門とする工学府大学院生を対象として、船舶の構造様式の概要を理解すること目的に、紙を使った船底の一部分の構造模型製作と、同部分のFEM解析モデルの作成ならびに応力解析を行います。

これらの講義では、従来、実習ツールとしてHexagonの「Patran」および「MSC Nastran」が利用されていましたが、より使いやすく実践的な実習に向け新たに「MSC Apex」が導入されました。 直感的で使いやすい 3D モデリング機能により、解析モデリングに要する時間を大幅に短縮することで、限られた実習時間内でFEM解析本来の授業を重点的に進めることができます。 

九州大学 海洋システム工学部門 教授の後藤浩二氏・栁原大輔氏は次のように述べています。

「今やFEM解析は様々な分野の構造設計に不可欠なツールとなっており、例えば大型船舶の設計規則の中でもFEM解析に基づく強度評価が必須となっています。そのため学生のうちにFEM解析に触れておくことが重要です。MSC ApexはFEM解析で最も面倒なモデル作成を直感的に行えることから作成時間を大幅に短縮でき、また、解析実施から結果の表示も容易に行えます。したがってMSC Apexは、はじめてFEM解析を行う学生にとっては最適な入門ツールと考えます。この経験を生かして、受講学生には大規模で複雑な構造解析にも臆せず取り組めるエンジニアに育ってほしいと思っています。」

以上

 

Hexagonについて

Hexagon はセンサとソフトウェア、自動化ソリューションのグローバルリーダーです。産業、製造、インフラ、安全、モビリティの業界において、効率性、生産性、品質の向上を担っています。当社のテクノロジーは、都市と生産のエコシステムを形成し、連携と自動化を加速させ、スケーラブルで持続可能な未来を実現します。

HexagonのManufacturing Intelligence事業部は、設計・エンジニアリングデータ、生産データおよび計測データを活用して、製造工程をよりスマートに変革します。詳細情報は、hexagonmi.comをご覧ください。

Hexagon (Nasdaq ストックホルム:HEXA B) は世界50カ国に約22,000人の従業員を擁し、売上高は約43億ユーロです。詳細はhexagon.comをご覧ください。

 

■ お問い合わせ

Hexagon、Manufacturing Intelligence division   マーケティングコミュニケーション部 秋元

TEL: 03-6275-0870  Mobile: 080-3524-4302    E-mail: hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com