「Adams 2019.2」リリース

Horizontal spacer

2019年7月23日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「Adams 2019.2」をリリースしました。

 

本リリースでは、下記の機能が強化されています。

 

■ Adams Solver の拡張

・従来のコレクター (OriginalとModified)に、新しいコレクター (Constant) を追加

・Realtime OS環境上でのAdams Solver SMPの計算速度がAdams 2017と比べて約10~20パーセント向上

※HILS用には不要なAdamsの解析結果ファイル(*.gra、*.res等)の出力をオフにした場合

 

■ Adams Controlsの拡張

・従来よりFMI形式の接続先ソフトに対しては3つの通信方式(TCP/IP、PIPE、Direct)が使用可能

・本バージョンよりMATLAB形式およびEasy5形式の接続先ソフトへの通信方式(TCP/IP、PIPE)に新たな方式(Direct)を追加

 

・Adams Car 専用のFMI Interface メニューを3種類追加

  1) Export to VTD

    - Virtual Test Drive(VTD)の次期バージョン2019.1にて使用可能なAdams Carの乗用車やトラックなどのFMUを出力

   - VTDでの可視化のためにAdams Car の車体ボディや他のパーツ形状を出力

  2) Real Time Analysis

      Concurrent Real-Time社SIMulation WorkbenchもしくはdSPACE社 SCALEXIOのFMUを出力

  3) General FMU Export

      従来どおりのFMUを出力

                                                                 

*記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

以上

■この件に関するお問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部  秋元

TEL: 03-6911-1218 / E-mail: mscj.market@mscsoftware.com