「Marc 2020」リリース

Horizontal spacer

2020年7月22日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「Marc 2020」をリリースしました。

Marc 2020では、多くの機能が強化されています。

 

  • ワークフローに関する機能改善
    • データフィッティングにクリープデータの同定機能を実装することにより、クリープ解析がより使い易くなりました。
    • 電磁誘導コイル機能が拡張され、任意形状のコイル定義ができるようになりました。
    • 肉厚コイルの収束性を改善しました。
    • Marc CoSimアダプターがMSC CoSim 2020に対応しました。
    • エラストマーの疲労解析機能を実装しました。

 

  • 一般的な機能改善
    • Mentatのジョブモニターに解析スタティスティックスが表示されるようになりました。
    • 接触機能の効率と安定性を向上しました。
    • 反復ソルバー(ソルバー2)がGPUをサポートし、マトリクスの求解速度が向上しました。

 

  • 解析環境の改善
    • Mentatのテーブル作成/編集機能を改善しました。
    • Mentatにモデルディメンジョン(次元)の概念を導入し、より使い易くなりました。
    • 大ひずみが構造解析のデフォルトになりました。
    • エンティティをコピーしたときのデフォルトの名前が分かり易くなりました。
    • ポスト処理において、インクリメント番号でなく、時間を指定することで、その時間に最も近いインクリメントの結果表示ができるようになりました。
    • ポスト処理のモニター速度を向上しました。
    • 四辺形シートボディの定義が使い易くなり、ソリッドボディのレンダリングコントロールを使い易くしました。

 

  • 既存の不具合の修正

 

詳細につきましては、Marc 2020 What’s NewおよびMarc 2020 Release Guideをご覧ください。

以上

■この件に関するお問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部  秋元

E-mail: mscj.market@mscsoftware.com