Marc 2021.2リリース

Horizontal spacer

2021年7月5日

エムエスシーソフトウェア株式会社

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「Marc 2021.2」をリリースしました。

Marcは2021年から、四半期毎、年4回リリースとなっており、Marc 2021.2は2021年6月25日より、SDC(Software Download Center)からダウンロード可能となっています。

 

Marc 2021.2リリースについて

■ Marc

・ CAEfatigueを組み込み、Mentat/Marcの構造解析から直接、金属/樹脂の疲労解析を実行することができるようになりました。

・ ハイブリッド接触アルゴリズムを実装し、2次元/軸対称問題で、自己接触、全体リメッシュ時の接触処理の精度が向上しました。

・ MUMPsソルバーが改良され、解析速度が向上しました。Mentat 2021.2ではデフォルトのマトリクスソルバーとしてMUMPsソルバーが選択されるよう初期設定に変更が加えられています。

・ SMA(Shape Memory Alloy;形状記憶合金)がトラス/ビーム要素で使用できるようになり、モデル化の幅が広がりました。

・ 解析中、その結果をテーブルの独立変数とすることができるようになりました。この機能により、例えば、解析中のある節点の変位に応じて、剛体の位置を変えるなどのモデル化ができるようになります。

・ モデルセクションの機能が強化され、3-D ATAS (Advanced Thermal Analysis Software)モデルで、熱分解(ストリームライン)を扱うことができるようになりました。

 

■ Mentat

・ 2021.2で実装された新機能/追加機能を全てサポートしています。

・ Abaqusトランスレーターで扱えるキーワード/パラメータを追加しました。

・ テーブルの独立変数選択やジョブの解析結果選択時のフィルター機能が使いやすくなりました。

・ 3-Dグラフィックフォーマットの一つWaveFront objをサポートしました。このフォーマットで出力すると、例えばWindowsの「ペイント3D」で3-D出力画像を編集できます。

詳細については、Mentatの「ヘルプ(H)⇒リリースガイド」または「ヘルプ(H)⇒What’s New」(これはMarc 2021.2 User’s GuideのWhat’s Newへのリンクです。) をご覧ください。

併せて、SimCompanionの製品情報:PN272もご一読ください。

以上

■この件に関するお問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティングコミュニケーション部  秋元

Email:hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com