「エンジニアのように考える」革新的なジェネレーティブデザインツール 従来の最適化手法の限界を超えた完璧なデザインを迅速に提供

Horizontal spacer

2020年7月8日

エムエスシーソフトウェア株式会社

エムエスシーソフトウェア株式会社(代表取締役社長:加藤 毅彦、本社:東京都新宿区、以下MSC)は、エンジニアが革新的なアプローチを探り、設計の任意の部分を1つのステップで最適化して、従来のアプローチよりも最大80%高速化を実現し、革新的な製品を開発できる先駆的なツール「MSC Apex Generative Design 2020」をリリースしたと発表しました。

 

MSC Apex Generative Designは、エンジニアリングの目標に基づいた軽量でスムーズな試作部品のコンセプトを作成し、コスト削減と市場投入期間の短縮を図りながら製品開発を進めるプレッシャーに取り組みます。そして、適合しない候補を外すという無駄なプロセスをなくし、エンジニアは設計空間内で十分に検討を重ね、吟味された設計案をそのまま製造工程に出力できます。これにより、より最適で斬新なソリューションを見つけることができます。

 

その用途は、アプリケーションに関係なく、幅広い業界に及びます。エンジニアは従来のツールとワークフローを使用して、最初の試作品の作成、テスト、破棄にかかる時間より短い時間で、より革新的で完璧な設計を行うことができます。

 

MSC Apex Generative Designを使うと:

  • 外科医は、積層造形用に事前に検証されたスマートなラティス形状のインプラントの設計を行い、置換された骨と同じ重量で、生体適合性が安定し、筋肉が適合する快適な環境を患者に提供できます。

 

  • 航空宇宙エンジニアは製品を部品ごとに再設計して軽量化を図り、効率化を進めながら同じパフォーマンスと安全性を維持できます。

 

  • 自動車の設計者は、以前のような反復プロセスを行わずに56%軽量なオートバイのシャーシを設計でき、燃費を向上し、走行距離を伸ばすことができます。

 

  • 製造メーカーは積層造形の機能を十分に活用し、設計を最適化して、最初から正しく部品を作成し、革新的な製品の製造を可能にします。

 

MSC Software CorporationのGenerative Design担当ディレクターのThomas Reiherは次のように述べています。

「今日では、利用可能な技術を十分に活用する最適な製品の設計には複雑なプロセスが伴い、設計者は妥協する必要があります。 設計者は、MSC Apex Generative Designを使うと、速いだけでなく、設計者と同じように考え、賢明なエンジニアリングの決定を下し、部品の性能が向上することに目を輝かせます。ユーザーは、複数のツールとのやり取りを減らし、最適化プロセスを自動化し、ワークフローを合理化することで、設計に要する時間を80%削減したと報告しています。彼らは初めて、技術的および商業的要件に合った、パフォーマンス、コスト面で最適化できる製品の生産を開始できるのです」

 

これだけの能力にもかかわらず、MSC Apex Generative Designは通常のラップトップで実行でき、1時間以内に最初の候補を生成し、数時間以内に最終的なデザインを生成します。アクセシビリティに加えて、ツールには直感的なインターフェースも装備されており、CAE(Computer Aided Engineering)の専門知識がなくても、設計者やエンジニアにその機能を提供します。設計目標は直接設定することも、既存の設計に対してCADから、またはCAEモデルから設定することもできます。

 

MSC Apex Generative Designでは、プロセスのかなり後の段階で再設計が必要となる設計上の問題を予測できるため、積層造形などの新しい製造方法では特に重要です。 3Dプリンティングチームは、このソリューションを設計用積層造形(DfAM)ツールとして使用できます。トポロジー最適化とインテリジェントなスムージングを1つのステップで実行し、歪みのリスクが低く、「バイオニック」でプリント可能な形状の部品を製造します。結果として得られる部品は、パフォーマンスに合わせて自動的に設計され、材料特性と要求される強度、および応力分布のバランスをとります。

 

ユーザーは、MSC Apex Generative Designを、最先端の金属積層造形プロセスシミュレーションツール「Simufact Additive」、および樹脂3Dプリンター用ツール「Digimat AM」とリンクさせ、造形中の不具合を減らし、すべての工程で材料を最適に使用できます。

 

この新しいツールは2019年11月発表されました。この初のメジャーリリースでは、設計者が生成されたデザインの複雑さを簡単に調整し、固定点を削減できる新しい機能が導入されています。また、一般的なCAD / CAM製造ワークフロー内でジェネレーティブデザインの最適化を使用できるように、設計モデル(メッシュモデル)をCAD形式に直接出力するなど、ベースとなるMSC Apexプラットフォームが持つ多くの生産的な利点を活用しています。

 

MSC Apex Generative Designの詳細はこちらをご覧ください: https://www.mscsoftware.com/ja/product/msc-apex-generative-design

 

■Hexagon/MSC Softwareについて

Hexagonは、センサー、ソフトウェア、自律型ソリューションのグローバルリーダーです。データを活用して、産業、製造、インフラストラクチャ、安全性、モビリティのアプリケーション全体で効率、生産性、品質を向上させています。

 

Hexagonのテクノロジーは、都市と生産のエコシステムを形成し、接続性と自律性を高め、スケーラブルで持続可能な未来を実現していきます。

Hexagonに関する詳細はこちらをご覧ください:hexagon.com

 

Hexagon Manufacturing Intelligence事業部に属するMSC Softwareは、オリジナルソフトウェア開発を行う上位10社の1つで、エンジニアリングプロセスに革新をもたらすシミュレーションソフトウェアとサービスを製造業の客様に提供する、エンジニアリングシミュレーションのリーディングカンパニーです。MSC Softwareは、信頼できるパートナーとして、製品の設計と試験に関連する品質の向上、時間とコストの削減を支援します。学術機関、研究者、学生は、MSCのテクノロジーを使って知見を深め、シミュレーションの領域を広げています。

 

■報道関係者お問い合わせ

エムエスシーソフトウェア株式会社    マーケティング部  秋元  

TEL: 03-6911-1218    E-mail: mscj.market@mscsoftware.com