「MSC Apex 2022.2」リリース

Horizontal spacer

2022年6月30日

Hexagon

Hexagonでは、「MSC Apex 2022.2」をリリースしました。

MSC Apex 2022.2 リリースでは、MSC Nastran 陰解法非線形解析(SOL 400)の連携を中心に機能の追加と改良が多く行われております。

機能強化や新機能をより迅速に提供するために、MSC Apex は四半期ごとのリリースサイクルに移行しましたので、お客様へ年間を通じてより頻繁なアップデートを提供することができます。。

 

■サーフェスメッシュの機能強化

サーフェスメッシュの“曲率改善”オプションに、“フェイスとエッジ”オプションが追加されました。ファセットモデルの曲率に基づくサイジングと、メッシュの遷移の改良が行われ、一部の曲率の高い領域に適切なメッシュを作成できるように改良されました。

 

 

三角形メッシャーに、“近接メッシュの細分化”機能が追加されました。メッシュシード等による局所的に細かいメッシュ分割の近傍をスムージングします。

        

  “近接メッシュ”を利用していないメッシュ    “近接メッシュ”を利用したメッシュ

 

既存のエンティティを新しいスケッチの一部として再利用したいことがよくあるので、このために投影ツールの選択フィルターに“ポイント”と“節点”が追加されました。既存のポイント/節点を、スケッチ面へ投影し利用できるようになりました。

カーブツールに、円弧(3点指定)機能が追加されました。3次元空間内に3点指定による円弧の作成が可能です。“完全な円弧”と“トリムされた円弧を”をサポートしています。

 

■MSC Nastran 非線形シナリオ(SOL 400)設定の機能強化

非線形シナリオ(SOL 400)のサブケース数(SUBCASE)、ステップ(STEP)の番号管理が改良されています。

  • 非線形シナリオの作成の際、指定する“荷重ケース数”が“1”に変更されました。
  • ステップ特性パネルで、ステップ番号を編集することができるように改良されました。シナリオ内でステップの入れ替えを行うことができるようになります。
  • MSC Nastranのソルバー制御設定を作成するための“ソルバー制御設定”が追加されました。
  • 非線形シナリオの“シミュレーション設定” から、シナリオ制御と接触の制御をサポートしました。非線形挙動や、非線形材料や、接触の制御等の設定を行うことができます。
  • ステップ毎に利用する接触条件が、シナリオの“接触条件”によって選択できるように改良されました。

 

■非線形解析(SOL 400) ポスト処理の機能強化

MSC Nastran 非線形解析(SOL 400)のポスト処理では、以下の改良が行われています。

  • Load Case 0における接触ペアの結果処理をサポートしました。
  • ステップ0の結果を読み込むように改良されました。
  • 探査ツールによる結果値の参照をサポートしました。

 

■2次元要素特性の機能強化

  • パーツのプロパティテーブルに、“2次元要素特性”が追加されました。
  • 次元要素特性の作成時に、材料の選択が必須となりました。
  • セクションで指定された値を上書きするために、“デフォルトの厚さとオフセットを使用して強制”するオプションが追加されました。
  • ユーザー属性のサポートが追加されました。スクリプトで利用することができます。

 

■ファスナーの作成方法の改良

ファスナー(CFAST)の作成に要素特性の選択が追加されました。指定されている要素特性をパッチとして選択することができます。

 
 

■統合ソルバーの変更

MSC Apex の統合ソルバーについて、全解析タイプの MSC Nastran への変更が完了しました。パフォーマンスの向上、ディスク容量の軽減、開発速度を向上させることができます。

 

解析ソルバーの切り替え

統合ソルバーと外部 MSC Nastran ソルバーを切り替えるための新しいオプションが追加されました。

-複数の MSC Nastran のバージョンを設定することができます。

 

■コネクタのポスト処理

コネクタ(ファスナー(CFAST)、バネ(CELAS1 / 2)、ダンパー(CDAMP1 / 2) )のポスト処理をサポートしました。

 

■カット表示機能のパフォーマンスの改善

ポスト処理でモデルの断面の結果を見るためのカット表示の機能は、パフォーマンスの改善が行われました。

 

■設計変数ツールの追加

設計変数ツールが追加されました。このバージョンでは、ボックスプリミティブ形状を定義するためにのみ実装されています。指定された設計変数の値を変更すると、形状は自動的に更新されます。

 

■ファスナーの作成方法の改良

これらの詳細に関しては、「MSC Apex 2022.2リリースガイド(日本語版)」をご参照ください。

MSC Apex の基本的な機能紹介と操作体験を行っていただきます“MSC Apex 体験セミナー”と、14日間の無償ライセンスを提供する“MSC Apex フリートライアル”を随時受け付けております。 ご興味がございましたらお手数ですが営業までご連絡ください 。

ご興味がございましたらお手数ですが営業までご連絡ください。

フリートライアルは、以下のサイトからもお申し込みいただけます。

https://www.mscsoftware.com/ja/MSC-Apex/Free-Trial

以上

 

■この件に関するお問い合わせ
マーケティングコミュニケーション部  秋元

TEL: 03-6275-0870 / E-mail: hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com