「MSC Apex Generative Design 2021.3」リリース開始

Horizontal spacer

2021年11月19日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

エムエスシーソフトウェア株式会社は、「MSC Apex Generative Design 2021.3」のリリースを開始しました。

MSC Apex Generative Design 2021.3 リリースでは、次の機能の改良が行われております。
機能強化や新機能をより迅速に提供するために、MSC Apex Generative Design は四半期ごとのリリースサイクルに移行しましたので、お客様へ年間を通じてより頻繁なアップデートを提供することができます。

 

 

インターフェイスツールの追加

非設計領域”と“取り代”を“インターフェイス”ツールとして、1つの機能にまとめました。この統合により、取り代を一つずつ手作業で追加する必要がなくなり、最適化モデルのセットアップにかかる作業時間が削減されます。更に、インターフェイスサーフェスと最適化された形状間のスムーズな遷移で最適な最終結果形状を保証します。

 

スクリプトの改良

“シナリオ実行前”と“シナリオ実行後”という2つの新しいスクリプト追加されました。特に最初の動作は、“高度なユーザー設定”を最適化に追加するときに非常に役立ちます。 詳細ユーザー設定またはその他の最適化パラメーターの入力をスクリプトに保存して、これらを最適化に簡単に追加できます。 特に、複数の最適化で同じように使用されるパラメーターの場合、これは非常に役立ちます。

 

保持されるボリュームのポスト処理の改良

“保持されるボリューム”は、“スムーズ表示”の対象ではなくなりました。 パーツは引き続き最適化で考慮されますが、結果には表示されず、またエクスポートする STL ファイルにも含まれません。ただし、 “保持されるボリューム”ボタンを使用して、ポスト処理で形状を可視化することができます。

 

サポートされているCADシステム

これらの詳細に関しては、「MSC Apex Generative Design 2021.3 リリースガイド(日本語版)」をご参照ください。

MSC Apex Generative Design の基本的な機能紹介と操作体験を行っていただきます“MSC Apex Generative Design 体験セミナー”と、14日間の無償ライセンスを提供する“MSC Apex Generative Design フリートライアル”を随時受け付けております。 ご興味がございましたらお手数ですが営業までご連絡ください。

フリートライアルは、以下のサイトからもお申し込みいただけます。
https://www.mscsoftware.com/ja/MSC-Apex-Generative-Design/Free-Trial

以上

 

■この件に関するお問い合わせ
エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティング部  秋元