MSCとクレイドル、AWS上での21億要素を超える大規模要素/高並列で スケーラブルなクラスター性能を確認

Horizontal spacer

2021年3月17日

エムエスシーソフトウェア株式会社

 

Hexagon Manufacturing Intelligence (Hexagon MI)のグループ会社であるエムエスシーソフトウェア株式会社(代表取締役社長:加藤 毅彦、本社:東京都千代田区 以下MSC)と株式会社ソフトウェアクレイドル(代表取締役社長:芝原 真、本社:大阪府大阪市以下クレイドル)は、本日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供するクラウドサービス環境上で、熱流体解析ソフトウェア「Cradle CFD」のソルバーを使った、これまでで最大の2,596コア、21億要素を超える大規模モデルでのクラスター機性能評価において、優秀な並列性能が確認されたと発表しました。

MSCとクレイドルが今回稼働検証を行ったのは、「Cradle CFD」に含まれる構造格子系熱流体解析システム「STREAM」 ソルバーを使った競技場周りの風解析(2,107,442,400 要素)、津波解析(55,985,336要素)、ならびに非構造格子系熱流体解析システム「scFLOW 」ソルバーを使った航空機周りの遷音速圧縮性流体解析(787,318,354 要素)などの大規模モデルの演算です。

また、今回この結果では、クレイドルの既存オンプレミス環境(1,044コア)と比較しても、AWSのHPCクラスター上において、高速なノード間通信など大規模・高並列の流体解析に必要とされる性能を十分に備えていることが確認できました。

 

     

      競技場周りの風解析

 

クレイドルの開発部部長の入江 智洋は次のように述べています。 

「今回の検証を通じて、弊社の熱流体解析ソフトウェアが2,000コアを超える大規模な並列計算においても優秀な並列性能を持つことが確認できました。大規模な熱流体解析への需要は非常に高く、今後は弊社製品の実行環境として計算資源ニーズへの柔軟な対応が求められるお客様を中心に自信をもってご紹介できると思います」

なお、今回の検証結果は、弊社ホームページ上、ニュース当該ページ最下段のFull Articleよりダウンロードいただけます。

*記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
*アマゾン ウェブ サービス、AWSは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

以上

Hexagon | MSC Softwareについて

Hexagon はセンサーとソフトウェア、自動化ソリューションのグローバルリーダーです。
産業、製造、インフラ、安全、モビリティの業界において、効率性、生産性、品質の向上を担っています。当社のテクノロジーは、都市と生産のエコシステムを形成し、連携と自動化を加速させ、スケーラブルで持続可能な未来を実現します。

Hexagon Manufacturing Intelligence事業部に属するMSC Softwareは、オリジナルソフトウェア開発を行う上位10社の1つで、エンジニアリングプロセスに革新をもたらすシミュレーションソフトウェアとサービスを製造業の客様に提供する、エンジニアリングシミュレーションのリーディングカンパニーです。MSC Softwareは、信頼できるパートナーとして、製品の設計と試験に関連する品質の向上、時間とコストの削減を支援します。学術機関、研究者、学生は、MSCのテクノロジーを使って知見を深め、シミュレーションの領域を広げています。

Hexagonには50か国に約21,000 人の従業員を擁し、売上高は約39億ユーロ となります。

 

■お問い合わせ:
エムエスシーソフトウェア株式会社 マーケティングコミュニケーション部  秋元
TEL: 03-6275-0870 E-mail: hexagonmi.jp.marketing@hexagon.com