Actran

The Gold Standard in Acoustic Simulation

Actran VI

Actran 専用プリポストプロセッサー

Horizontal spacer
Actran VIは、すべてのActranモジュールのプリ処理とポスト処理に特化した新しいグラフィカルユーザーインターフェースです。
Actran VIは、音響解析特有の内部音場および外部音場の有限要素メッシュを簡単に作成することが可能です。

他のツールによって生成された入力ファイルをチェックまたは変更するActran入力ファイルリーダーを含み、Actran VIはActran入力ファイルを作成するときの入力として、いくつものメッシュ形式(Nastran BDF、ANSYS RSTおよびCDB、Actran DATおよびNFF、I-DEAS UNV、Patran Neutral Format)をサポートしています。

各種のプリ処理ツールが統合されているため、Actranモデルの作成と編集が容易です。特定のActranモデル機能(モード基底、ソースまたは無限要素座標など)を視覚化したり、互換性のないメッシュ間で投影パラメータを指定する、追加のエンティティ(制御点など)を挿入する、あるいは指定した境界条件を視覚化することも簡単です。さらに、解析テンプレート(メッシュあり、メッシュなし)を定義して、周期的な解析の作成を容易にすることもできます。

ポスト処理ツールは、OP2、UNV、NFF、RST、HDF、そしてパンチファイルまでさまざまな結果フォーマットをサポートします。等高線プロット(地図)、等値面、ベクトルまたは変形量など複数の視覚化モジュールも用意されており、各種のフィルタを使用した組み合わせと制御も自由に行うことができます。ビューポートを同期すれば、周波数、位相、時間、または関連する荷重ケースごとに結果を容易に比較できます。

ビデオのエクスポート機能を持つ複雑な調和結果専用のアニメーションモジュールも用意されています。

Actran VIには、PLTViewerモジュールとWaterfallViewerモジュールが含まれており、単一または複数の荷重ケースにおける周波数応答関数も簡単に表示し、扱えます。

応用例:
  • 既存のActran解析の検証、視覚化、変更
  • 新しいActran解析の作成
  • すべてのActran結果の表示
Learn more about Actran products and services at www.fft.be

製品ごとや全体のサポート環境については、こちらの Platform Support のサイトをご参照ください。