Actran

The Gold Standard in Acoustic Simulation

Actran VibroAcoustics

構造振動と音響を同時に解く、振動騒音モジュール

Horizontal spacer

構造振動と音響との相互作用を解析するには、解析対象の構造部品の音響挙動をモデル化しなければなりません。そのために使用されるのが、Actranの豊富な材料ライブラリです。音響、粘弾性媒体材料、多孔質弾性体、非圧縮性媒体、複合材料、圧電性セラミックのような能動素子などが用意されています。また、ほとんどの構造FEAコードから、構造のモード情報をインポートすることもできます。

動的、機構、音響的な制約に加え、拡散音場や乱流境界層などの物理加振も組み合わせて現実的なモデリング境界条件をシミュレートできるので、設計に関する音響性能を正確に表すことができます。また、この機能をActran AeroAcousticsと組み合わせれば、流体騒音と 振動-音響の複合問題をモデル化することも可能です。


応用例:
  • 自動車:動力伝達機構、吸気、排気、乗客用個室、トリム、シート、ホース、タイヤ、ウィンドウおよびフロントガラス、オーディオ、HVACの音響関連の問題
  • 航空機:コックピットや機体における音響透過、空気分配システムでの音の伝播、TBL加振への応答、発射時のロケットのペイロードに対するランダムな動的応答
  • コンシューマ製品:電話機、ヘッドセット、スピーカー、補聴器、ディスクドライブ、洗濯機、冷蔵庫、カメラなど
  • 防衛:水中音響、ソナー

 

Learn more about Actran products and services at www.fft.be

製品ごとや全体のサポート環境については、こちらの Platform Support のサイトをご参照ください。