core_marquee_texture.png
The fatigue solution that makes the impossible possible
caefatigue-banner.png
CAEfatigue radically changes the available capabilities that companies can use to do Frequency Domain analysis for random response, durability and fatigue.
core_marquee_texture.png
Ford Motor Company
Spot and seam weld fatigue analysis is critical to an automobile’s long-term durability. Learn how Ford Motor Company applied a new and unique Frequency Domain approach for spot welds. Presented at NAFEMS World Congress 2019
caefatigue-ford.png
core_marquee_texture.png
Fiat Chrysler Automobiles
caefatigue-chrysler.png
A new simulation technique developed in partnership between FCA & CAEfatigue Ltd. allows for a simplified duty cycle on the lower control arm, resulting in a better long-term design. Click here to learn more
core_marquee_texture.png
OHB SE
caefatigue-ohb.png
CAEfatigue helps OHB SE develop new satellite payload designs by utilizing next-generation collision detection technology, which is calculated during the random dynamics analysis. Presented at NWC 2017
core_marquee_texture.png
Navistar, Inc.
Solver-Embedded Fatigue
caefatigue-navistar.png
Learn how Navistar used CAEfatigue to successfully combine the two separate tasks of stress analysis and secondary fatigue analysis into one solver-embedded fatigue analysis task. Presented at 2014’s SAE International Conference
core_marquee_texture.png
Hero Motor Corp.
caefatigue-hero.png
Learn how Hero uses CAEfatigue to simulate and predict proving ground testing loads of next generation motorcycles

CAEfatigue RANDOMパッケージ

Horizontal spacer

ベースシェイクのランダム解析、ランダム荷重、平均荷重、確定荷重の重ね合わせ
Randomパッケージでは、平均オフセットによる追加荷重の有無によらず、1つのランダムPSD荷重を受ける構造のランダム応答を計算できます。ランダム応答解析の結果として、平均応力、RMS応力またはひずみ、平均応力+RMS応力またはひずみ、モーメント、ゼロ交差、1秒あたりのピーク、不規則性係数、変位、速度、加速度、部品間の衝突可能性を検出できる節点間の相対変位を出力することができます。

CAEfatigueでは、Nastran, Optistruct, Ansys, Abaqusなどで計算された応力やひずみを利用します。入力荷重の例としては、広帯域と狭帯域の同時入力、広帯域ランダムと正弦波スイープ入力、広帯域ランダムと確定的入力、広帯域と狭帯域スイープ入力、狭帯域スイープ入力または正弦波スイープ入力があります。

複数チャンネル、複数イベント荷重のための複数入力ランダム解析
CAEfatigueには、上述の入力オプションに加えて、平均オフセットを持つ複数のランダムPSD荷重(および複数荷重の相関)を使用できます。つまり、試験装置で計測した複数のイベント、複数のチャネル、平均オフセットを持つ荷重データを使用した解析が可能です。ランダム応答モジュールでは、任意の数の自由度、入力荷重、イベント、複数の同時相関荷重に対する変位、速度、加速度、力、応力、ひずみのランダム応答を予測することができます。

時間信号の処理とPSDへの変換
複数チャネル、複数イベントの時刻歴荷重データしかない場合は、TIME2PSDツールが有用です。時刻歴荷重データをパワースペクトル密度(PSD)に正しく変換するには、荷重を適切に処理する必要があります。従来の荷重データ処理では、煩雑なユーザーパラメーターを試行錯誤的に設定する必要がありました。TIME2PSDツールでは、荷重データ処理に必要なパラメータの多くが自動設定されます。ウィンドウの長さ(FFTバッファサイズ)やウィンドウのオーバーラップの設定、振動結果に寄与しない振幅の小さい区間の削除を自動的に行うことができます。また、複数の時刻歴荷重をPSDマトリクスに変換し、荷重間の相関性を正確に考慮することができます。変位や加速などのランダム応答への影響を評価するために、相関項を考慮するかどうかを切り替えることもできます。FEAソルバーの荷重ケースIDと自動的に関連付けられるため、データ管理に余計な時間を割く必要がありません。

製品ごとや全体のサポート環境については、こちらの Platform Support のサイトをご参照ください。

Part of 100%EV
Discover our holistic approach to eMobility

Plug in to progress