How Giant Magellan Telescope uses MSC Apex

The team at GMTO is using MSC Apex to help the giant telescope withstand earthquakes in Chile while helping humanity understand the universe.

MSC Apex Structures

設計者と解析者のための完全に統合されたジェネレーティブ(自動更新)な構造解析ソリューション

Horizontal spacer

MSC Apex Structuresは、MSC Apex Modelerのアドオン製品で、線形静解析、固有値解析、周波数応答解析、座屈解析が実行できます。

MSC Apex Structuresは、解析条件定義とポスト処理のためのユーザーインターフェースと統合されたソルバーから構成されています。インタラクティブかつ逐次解析を可能とするジェネレーティブなフレームワークとコンピュテーショナルパーツとアセンブリテクノロジを統合したユニークなソリューションです。

ユーザーインターフェースとソルバーの統合により、ソルバー実行可能なFEMモデルをインタラクティブかつ逐次に評価するユニークな機能を提供します。ユーザーが必要な時に、ソルバーによるチェックが個々のパーツやアセンブリモデルにおいて実行され、モデル評価は解析インターフェイスパネルで確認することができます。この逐次評価は、プリ・ポスト処理とソルバーが別々である従来手法と異なるものです。

さらに、周波数応答解析とポスト処理内での検討ツールが、構造の振動挙動を改善したいエンジニアを強力にサポートします。MSC Apexに統合されているツールが、モデル変更や再解析の必要なく、モード寄与率などを変更し、設計の方針を決定するための検討を容易にします。

Learn More

構造解析ワークフロー
解析対象の設定
解析タイプとパーツまたはアセンブリを解析対象として設定します。

解析前のモデル評価
統合された解析準備チェック機能が、選択された解析タイプに応じて、解析実行可能かどうかをチェックします。

迅速な不整合メッシュの接着
接着により、パーツ間のメッシュ整合にかかる時間を短縮します。

ジェネレーティブ(自動更新)
モデルを変更すると、関連づいてるオブジェクトが、自動的に更新されます。

解析実行と結果表示
線形静解析または固有値解析シナリオを定義し、統合ソルバーにて解析、すぐに結果を確認できます。

変更後の結果を確認
モデル変更後の解析を実施し、変更の有効性を迅速に確認します。

 

製品ごとや全体のサポート環境については、こちらの Platform Support のサイトをご参照ください。